資料請求・お問合せ

Q&Aご質問リスト
質問する

ご質問とお答え
住宅は坪単価いくらくらいですか?
基本的に、二階建木造軸組建築、標準仕様延べ床面積40坪くらいなら「60万~」、立地条件により増減いたします。
通気性のよい家にするにはどんな工夫が必要ですか?
いくつかの方法があります。
・南面と北面に窓を設け、風の自然な通り抜けができるプランニングにする。
・外壁に通気層をもうけ、壁の上から下へ熱が循環できるようにする。
・屋根裏に換気口を設け、熱の出入りをスムーズにする。
室内の換気はどうすればよいのですか?
基本的には24時間換気システムを進めています。部分的な換気にしますと冷暖房時のエネルギーロスが大変大きくなります。
2時間で家中の換気ができることが目安となります。
太陽光発電など省エネルギー対策はどんな方法がありますか?またその住宅例はありますか?
はい。高性能の高断熱、高品質住宅を施工することにより太陽光発電を使えばほとんど電気代はかかりません。
自然素材を使った土壁の家は建てられますか?
建てられますので、是非ご相談ください。
古材などの再利用はできますか?
使う用途によってご相談に載らせて頂いています。
建材や材料は身体に優しいものを使用しているのでしょうか?
建材には、ホルムアルデヒド含有率の少ない4つ☆合板を利用し、壁紙ののりには、一切ホルムアルデヒドなどの有害物質が含まれていないものを使用しています。
天窓を設けると部屋が明るくなりますが、夏などの日差しの強い日は暑くなるのではないですか?
熱反射ガラスにするとか、開閉式の天窓にするといった方法が考えられます。基本的には南、西面以外にあけます。
吹き抜けが流行っていますが、冷暖房費用が余計にかかると聞いたことがあるのですが?
吹き抜けがあっても断熱と気密を高めれば、エネルギーコストはあがりません。冷房費用を抑えるには各部屋の遮熱対策と全体のトータルプランニングが大切となります。
地盤がゆるい地域では、どのような追加コストがかかってくるのでしょう?
地盤を確認する上で必ず地盤調査をすることが必要です。住宅にとって最も大切で根幹となるのは基礎とそのまわりの地盤です。状況により地盤改良費(杭工事費用など)がかかります。