資料請求・お問合せ

社長紹介
会社概要・地図
I'sの会(あいずのかい)
I'sの会イベント履歴
季刊誌Mother House
リンク

会社紹介
社長紹介

Ishida Yasuhisa / 石田泰久
私は、1961年生まれのさそり座で血液型はA型です。会社では代表取締役で責任のある立場で仕事をしています。家では1児の父親でお父さんです。
高校迄はずっと京都でしたが、大学は関東地方でしたのでその空気にふれていました。勤めも東京銀座の設計事務所となり住宅の設計の仕事に取り組みました。3年間の東京勤めの後、京都に戻り工務店経営に携わる事となりました。
現在は会社をよりよいもの『目標は一流と言われる会社』にするため、いろいろな取組みをしています。京都に戻りすぐにしたのは皆様に喜んでいただく家づくりを目指し高断熱高気密住宅を作りはじめたことです。
今、この文章をお読みの皆様は高断熱高気密ってどんな住宅かご存知ですか?最近は少しづつ知られるようになったこのタイプの住宅(本当に夏涼しく、冬本当に温かいんですよ。又省エネルギーで地球環境保全につながります)も私が京都に戻った当時はご存知の方は皆無で、この住宅の良さを伝えるのは一苦労しました。
建築物は完成してみれば、その良し悪しが極めてわかり難いものです。しかし実際に最も重要なのは目に見えない部分です。私どもは見えないところを決しておろそかにしません。・・・中身第一宣言。建物の骨組みが見られる構造時に会を行い、建物壁の中を見ていただいています。その上でのデザイン性でなければ有得ないと思っています。・・・どんなデザインの住宅をつくっているかはホームページでも見ていただけます。
住まいとは家族のコミュニケーションを活発にし、しっかりとした絆をつくる場所、明日の仕事や学びへの力を蓄える安らぎのある場所であると思っています。より豊かな空間でより幸せになっていただきたい。そんな思いで幸せの器である住宅をこれからも社員と共に1棟1棟つくっていきます。

愛される会社をめざして
人はものを買う時、「上質」と「手軽」を天秤にかけます。
自分がこだわるものには上質をもとめ、そうでないものには手軽に用を済ますことが多いでしょう。上質とは、品質が良いこと、見た目の美しさに加え、最高の感覚を味わえるもの。ひとことで言えば「愛されるもの」です。手軽とは、価格が安く、望む結果が簡単に手に入ることが重要で、「さしせまって必要とされるもの」といえるでしょう。
私どもが家づくりでめざすのは、永く愛される「上質な住まい」です。そのために大事なことの一つが、家というものを単なる箱ではなく、その家で実現する「暮らし」をテーマにつくり上げることだと考えています。私どもは、皆様が家づくりを通してどんな暮らしを実現したいのか、そのことを第一に考えます。
「快適な暮らし」「省エネの暮らし」「豊かで楽しい暮らし」「心身ともに健やかな暮らし」その答えはお施主様の心の中に存在します。
その一つ一つを吟味し、プロとしてお手伝いするのが私どもの使命です。そしてもう一つ、大事なことは、お施主様の家づくりに対する「不安を軽減する」ということ。多くの方が最初は家づくりに不安をお持ちです。その不安を私どもの力で解消することが、家づくりをするお施主様にとって最高の価値になると思います。
「愛される住まいをつくる会社」そして、経営理念である「お客様と満足と感動を共有する」の思いで、これからも住まいづくりに取りくんでいきます。

石田泰久