資料請求・お問合せ
新築例京都紫竹の家京都等持院の家京都大将軍の家小山板倉町の家向日市の家嵯峨大覚寺の家上賀茂畔勝の家上賀茂御園口の家宇治家京都小山の家京都西陣の家松ヶ崎堂ノ上町の家松ヶ崎正田町の家岩倉 床蔵のある家上賀茂荒草町の家上賀茂の家岩倉幡枝の家玄琢の家 H邸西賀茂上庄田の家大将軍川端町の家西賀茂樋ノ口町の家北山の家長岡京市薬師堂の家上賀茂深泥ヶ池の家リフォーム例浄土寺の家山科区S様邸左京区R様邸

工事行程例 西陣の家

工事行程例 長岡京市S邸

工事行程例 玄琢の家

竣工例
京都市北区の閑静な住宅地である大宮玄琢の高台おけるに分譲住宅を建築の様子です。石田工務店は注文住宅のみを建築する会社と思われているかもしれませんが、年に1棟程度の分譲住宅および売建住宅(土地を買っていただいてから建物の建築契約をする)をしています。これから大宮玄琢オール電化、省エネ全館暖房システム完備の分譲住宅を完成迄見ていきましょう。

■工事内容
土工事 建物の下の土を取り去ります。
基礎の下、全てにビニールシートを敷き第1回目のコンクリートをひろげます。
基礎配管工事完了 この時10年保証の検査が終わっています。
基礎の外周に枠を立ち上げ、建物の下コンクリートを敷きつめていきます。
地盤面のコンクリートの厚さは外周部30cm。それ以外の内部は20cmです。
立上り部分の枠を立上げコンクリート打ちを待ちます。
立上り部分のコンクリートを丁寧に入れていきます。基礎巾は15cmです。(石田工務店標準仕様)
枠をはずしコンクリートの表面が見えました。基礎を建物の内側と考える基礎断熱だから(玄琢南町特別仕様)外周部に断熱材を取りつけました。
土台を基礎の上に取付けます。土台は12cm角でムクの檜材です。奥の基礎が黒く見えるのは床下の空気環境を良くする為、墨塗料を塗っています。
上棟日 柱や梁を組み上げます。柱は全てムクの檜材です。
屋根の上に垂木を取付けます。
屋根の上から小屋裏(垂木)を見ます。
上棟後の建物躯体が雨で濡れないようにブルーシートでスッポリ囲みます。
建物の強度を上げる為(窓・開口部以外)家全体を構造用合板で囲います。
2階のスジカイが見えます。スジカイ金物や引寄せ金物で固定しています。10年保証の金物検査合格しました。
玄関吹き抜け上の丸窓です。
2階の窓の上部にもハイサイドライト。家全体を明るくします。
しっかりとした小屋裏の骨組みが見られます。
2階吹抜けの丸窓からは街並みを切り取って絵画のような風景が望めます。
床下に置かれた電気の蓄熱式暖房器。
いよいよ断熱工事。浴室まわりの壁にはウレタンの断熱材が吹付けられました。これでお風呂もあったかいです。
小屋裏の壁・天井にもウレタンの吹付断熱が施されました。
あらゆるところにウレタンが断熱材として使われています。これで夏涼しく、冬暖か。
ウレタン吹付後の小屋裏(施工前の写真と比べてください)
ウレタン吹付後の2階吹抜の丸窓(施工前の写真と比べてください)
ウレタンはグラスウールに比べ極めて室内結露を起こしにくい断熱材です。ムクの木の表面も見えているので木が呼吸します。
外部は透湿防水シートを貼り木片(通気のための同縁)を壁に取り付け外壁の内側に空気が流れるようにしています。
皆様にご理解いただきオール電化住宅が急速に増えています。
外壁の窓以外は全て合板を貼っています。取付けの釘にも太さや間隔の決まりがあります。
勾配天井には、ウレタン断熱をしてから木材チップ合板が貼られています。
2F床の合板の厚さは2.8cm、フローリングとの間には防音の為、木質ボードが貼られています。
外壁には全体に合板が貼られその上から白色の通湿防水シートが取付けられます。
外壁材サイディング厚1.6cmの間にすき間をつくる(空気を通す)為、胴縁が取付けられています。
2F勾配天井と壁がすっぽりウレタンで囲まれています。この断熱材施工により、夏涼しく、冬暖かい省エネ住宅が出来上がります。
1Fトイレ内部に2Fトイレの配水管が取付けられています。もちろん管のまわりには、防音材が巻かれ、排水の音を小さくしています。
屋根の側面に破風、鼻隠しの材料が取付けられていきます。
西面外部下の方から外壁材が取付けられていきます。
1階床には蓄熱暖房器の熱を室内に取り入れるスリットが取り付けられました。
2階の床にも1階の暖まった熱を2階に導くスリットが取り付けられています。
外部軒天の塗装が始まります。まわりが汚れないようにビニールの囲いが取り付けられています。
クロスを貼る前に材料のつき合わせにパテが塗られます。
階段や建具も取付完了です。
クロス工事のため、玄関の吹き抜けに足場が取付けられました。
外構工事も進み完成に近づいていきます。
天井合板に白い自然塗料が塗られました。
ダイニングの目隠しに檜ムク材が使われています。塗られた自然塗料により、全体がしっとりと落ち着きました。
足場も取れて、外観が現れました。
工事もおおづめ 外構の仕上げにかかります。
いつも機械で家のすき間を計る気密測定をしています。結果はC値0.86cm2/㎡国の気密住宅の1/6でした。
室内の美装工事の終わりです。すっきりした内部になりました。ダイニングから玄関をのぞむ
ポストも取り付けられ玄琢南町東棟の完成です。
主寝室は勾配天井になっています。
玄関吹き抜けの横には家族みんなが使える書斎、家事スペースがあります。
北側の窓からは舟形が望めます。わかりますかな。
玄関吹抜
1階リビングとダイニングキッチン
1階キッチンからリビングダイングをのぞむ
2階書斎
2階主寝室
2階階段ホール