資料請求・お問合せ
イベント情報
現場監督の報告日誌
スタッフブログ
社長ブログ
言霊物語
最新記事

インターネット住宅講座

見えないところを大切に
堀川北大路の近くで新築Y邸の工事が進んでいます。
3月7日に上棟して建築金物が取り付けられ
社外検査2つが終了し、4月8日、9日で断熱工事を行う予定です。

私は、住まいづくりで大切にしなければならないのは、
完成してからは見えないところの工事だと思っています。



マザーハウスの土台や柱は全て檜の無垢(1本の木)材です。
檜は建立から1300年近い法隆寺五重塔にも使われ、
耐久性では欅(けやき)に勝ると言われています。
ほとんどが壁にかくれる柱などの構造材、取り換えられないものだから、
安心できるものを使います。

マザーハウスは小屋裏空間を有効に使うことができます。
真夏でも2階とほとんど温度が変わらず、ぐっすりおやすみすることもできます。
勾配屋根には、たっぷり厚い断熱材が取り付けられるのですが、
実はそれだけでは不充分なのです。
マザーハウスの屋根は施工方法に工夫を施します。





写真のように屋根材は2重貼り。
屋根と屋根は空間をつくることにより、暑くなって空気が抜け、
居心地の良い小屋裏をつくります。
完成すれば見えなくなる仕組みこそ、快適に住み続けることが
できる大切なマザーハウスの取り組みなのです。

完成すれば同じように見える住まいですが、
これからも見えないところを大切にしていきます。


| 2016,04,01, 01:08 PM | comments (0) |











{CMTCAPTCHA}
↑半角英大文字4文字を記入してから「コメント送信」ボタンをクリックしてください