2013年9月12日

舞妓さん (其ノ十三)


こんにちは。受付の石田です女性
先日、舞妓さんの踊りの舞台を観賞させていただきました。
踊り手は
今年の初釜でもお会いさせていただいたことがある
宮川町の弥ゑ美さん。
とってもかわいらしい優しいお顔立ちの方で、
「いつまでも舞妓さんでいてほしい」と思ってしまうような方です。

↑かんざし、お着物とも「萩と桔梗」
 秋ですね。
演目も今月の中秋の名月にちなみ
一演目は「うさぎ」でした。

舞妓さんしか踊らない演目だそうで、
今回初めて鑑賞。
途中ほんとにうさぎのポーズがあってかわいかったです。
実は弥ゑ美さんはベテランの舞妓さん。
踊り(若柳流)の上手さはおそらく誰もが認めるところで
かわいらしいお顔から想像できないような
手の先までしなやかで艶やかな動きにびっくりします。
素人目で見てもレベルの高さが分かりました。
日々のお稽古もさることながら
素質がおありなんだろうなぁと思います。
舞妓さんの名刺代わり、千社札。
二種類の千社札を弥ゑ美さんからいただきました。

うちわ型、初めてです。かわいい。
舞妓さんからいただいた千社札は
お財布に入れておくと「お金が舞い込(舞妓)む」
とのことで縁起が良いとされているそうなのですが、
何だかもったいなくて入れられないです・・
by yumiko