おいしいから始まる夫婦の暮らし
「食」をテーマにダイニングキッチンを中心に据えた笑顔あふれる住まいです。
モデルハウス「夫婦の住まい紫野」

夫婦のための理想の家。ダイニングキッチンを中心に据え、こだわりぬいてつくりました。新築だけでなく、リノベーションの参考に、ぜひご覧ください。

キッチンはとことん使いやすく。
調理の流れに添って、必要なものが必要な場所に
配置されています。

私が生まれ育った場所につくった理想の家。
新築だけでなく、リノベーションの参考に、
ぜひご覧ください。

食を中心に、夫婦の幸せをかたちにしました。

「子どもが巣立ったあと、新たにはじまるこれからの人生を夫婦二人で楽しく暮らす家」が、このモデルハウスのコンセプト。子ども部屋はなく、南側の大きな窓と二つの天窓からの光で明るいダイニングキッチンをつくりました。おいしい食事は、健康なからだをつくるだけでなく、お二人の間に自然と会話を生み、幸せな関係性を育みます。カウンターには、帰省してきた子どもたちだけでなく、仲のよい友人たちも招いて、歓談のひとときを。趣味や旅行の話に花が咲くのではないでしょうか。

真紅のモザイクタイルを貼った、カウンターテーブルがこの家の中心。おいしいものを囲んで、楽しい会話が広がります。

キッチンの壁面はすべてマグネットが吸着できる板を貼っているので、好きなものを好きな場所に掛けることができます。シンクは立体的な使い方を可能にする仕切り板をつけたマザーハウスオリジナルのもの。洗い物と調理の場所が自在に広がります。

ダイニングキッチンの上部は吹き抜けにして、階段で上がれるロフトをつくりました。ロフトからは下のダイニングキッチンが一望でき、やってきた孫たちもきっと大喜びすることでしょう。

水回りを2階にまとめたので、家事の流れがスムーズなのもポイント。欲しいところに収納があるので、全てが手際よくできて、生活にゆとりが生まれます。

浴室の横に洗面所兼脱衣室があります。洗面台ととなり合わせの洗濯機と物干しスペースは、ラインドレープカーテンでさりげなく仕切ることができます。1階の洗面ボウルは味わいのある陶器製にしました。

1階はゆとりの空間。間接照明と、障子越しの光が、部屋をやわらかに包みます。内縁でのんびりしながら、家庭菜園を眺めるのもおすすめです。

玄関を入ると、木に包まれた落ち着いた空間が広がります。玄関脇には家庭菜園。内縁を挟んで奥には、障子と間接照明に囲まれた、趣ある書斎が、落ち着きとこころ豊かな暮らしをつくり出します。

パンフレットを下の画像からダウンロードできます。

このモデルハウスの建設は、私にとって自然なことでした。
マザーハウス社長 石田泰久

モデルハウスを建てたのは、もともと私が生まれ育った場所でした。小学校4・5年生まで、ここに建っていた家で暮らし、その後は社屋のある場所に引越しました。建物の老朽化もあって、その建物を取り壊すことになり、跡地の利用を考えていた時に思い浮かんだのが、「食を中心にした、夫婦二人のための理想の家づくり」です。

幼い頃の社長。後ろに写っているのがモデルハウスの場所に建っていた生家

元々、私は料理が趣味で、休日などは率先してキッチンに立っていました。料理が家族の会話を生み、お客様をもてなすことで、交友関係が広がり、深まっていくのを実感しています。おいしい料理を食べている時は、誰もが笑顔。自分のルーツがある場所で、自分が本当に良いと考える家を提案することは、私にとって自然なことでした。マザーハウスが自信をもっておすすめするモデルハウス「夫婦の住まい紫野」。是非、ご覧ください。

Google Mapで見る

見学お申込みはこちらから

お名前 (必須)

ふりがな

メールアドレス (必須)

このモデルハウスを何で知りましたか(複数選択可)

年齢

どのような点に興味や関心がありますか。

見学希望日時(第3希望までお書きください)