2021年7月21日

うちの野菜たち🍅

暮らし家守りをサポートする、マザーハウス石田工務店 スタッフのSです。

野菜を育てるのに、雨はとても必要ですが最近の大雨はちょっと…⛈

家庭菜園初心者の私にとっては、不安要素でしかありません(;^ω^)

しかし、野菜たちはたくましい‼

何もしなくても、すくすく成長してくれています(*^-^*)
とうがらし初挑戦!! これは激辛です!!!

 🌶 🌶 🌶

👇 👇 👇 👇 👇 👇 👇 👇 👇

 

 🍅 🍅 🍅

👇 👇 👇 👇 👇 👇 👇 👇 👇
プチトマトのはずが、なんか大きい

とっても嬉しいです(⋈◍>◡<◍)。✧♡

トマトは水をあげすぎない方が甘くなると聞いたことがあるのだけれど・・・
この大雨がどうでるか(;^ω^)

1週間 梅雨が明けました☀

🍅赤くなってきました🍅

これからは、太陽の光をいっぱい浴びて、おいしくなってくれることを願っています。

雨・太陽 他にもたくさんの自然の恵みに 「感謝」 です。

 

2021年7月1日

一年生になるのが楽しみな娘。ランドセルをやっと決めました!

暮らし家守りをサポートする京都市北区のマザーハウス石田工務店、スタッフのM.Nです。

ハイハイの頃から保育園に預けていた娘はついに年長さんになりました。
先日園生活最後の小さな運動会(コロナ禍の中保育園の先生方のおかげで、感染対策をしながら学年ごとの小さな運動会を開催してくださいました)があり、
乳児の頃は保育園に送り出すとき泣きわめき、さみしがっていた娘が、年長さんになると運動会での堂々とした姿に成長したなあと、感動で涙が出そうになりました。

外ではおとなしく控えめな娘ですが、家にいるときや、じいじばあばなど慣れている人の前では活発な娘は、結構これと決めたらこれという、自分の意思をしったり持った子です。
たまに頑固で困るときもありますが、、、、

そんな娘も、ついに来年小学校1年生になりますので、ランドセル選びの時が来ました。
私が子どもの頃は、ランドセルといえば、男の子は黒、女の子は赤で、選ぶという概念がなく、もうその決められたものを使っていましたので、今のランドセルの色や種類の多さに驚き、
選ぶのが楽しいけど、大変だなあと思っていました。

娘は私の好みとちがって青色や黒色など男の子のような服を好んで着ます。フリルやリボン、スカートは嫌いです。
私はなるべく娘本人の意思を尊重しようと考えているので、
なんでも自分で選んだり決めてもらうようにしています。

なので、ランドセルも娘本人に、自分の意志で決めてもらいたいと思っていました。

一度お店に見学に行き、まずどんなものがあるのか見に行きました。

見に行ったお店はこちら
土屋鞄ランドセル

職人さんがひとつひとつ手作りで作られていて、シンプルでおしゃれです。
6年間使うものなので、しっかりしたつくりのランドセルのものがよいので、その点はしっかりと作られていて大丈夫そう。
6年間修理保証もあるので安心です。

見に行くと、なんとおしゃれな空間に、色とりどりのランドセルが並んでいて、娘も私もワクワクしました。
素材は牛革、コードバン、合皮の三種類があり、
馬の皮でつくられたコードバンはツヤがあり強度があるのですが、少し重たいです。
合皮は軽いですが、
やはり本物を使ってほしいという思いで、牛革の中から選びました。

あとはタイプと色選び!

いろんな色を背負ってみました。

お友達がチェリー色にしたとのことで、似たような色を背負ったり、

青や紺色も好きなので気になるみたいで、

黄色もかわいいけど、ばあばにあとで写真を送って聞くと、6年生になったら幼く見えてしまうのでは?とのこと、、、

ピスタチオも素敵!綺麗な黄緑色だけど、パステルのようにただただ淡くかわいらしいのではなく、シックな黄緑色です。

この新シリーズという「RECOシリーズ」はとてもとてもシンプルで落ち着いた色目で素敵!金具もおしゃれです。
主人はこのグレー色を押していました。

この日はここまでにして、どれが良かった?何色がよい?と1ヵ月ほど話ました。

そしてついに、決めようとのことで、2回目に行ってきました。
7月中までだと希望のものが注文できるが、それ以降は在庫があるもののみとのことで選べないようになってしまうとのことで、それでは困るので、早い目に決めようと思いました。

4月ごろお友達がもう購入されていたので、早いなあと思っていたのですが、受注生産の関係もあったり、気に入ったものが売り切れにならないよう、早い方がよいというこだったのですね。
男の子はほとんどが黒なので、そんなに困ることがないそうですが、やはり女の子は選択肢が広がる分、お気に入りを手に入れるのは大変ということですね、、、

さあ、どれにする?とお店に向かう途中に聞くと、「もう決まったで~!でも着いてからのお楽しみ!」と言われました。
到着し、前に背負っていなかったものも一とおり背負いましたが、
やっぱりRECOシリーズがかっこいいなあということになり、
あとは色です。
赤も悩んだようですが、金具が金色が良いとのことで、金色なのは主人一押しのグレーかブラウン。

そしてついに「これにする!」と決めたのがブラウンでした!

おお~いいやん!かっこいいやん!となり、店員さんにお色の変更はできませんが大丈夫ですか?と言われ、6年間背負うんやで、大丈夫?と私が聞いたところ、
ちゃんと「大丈夫」と答えたので、RECOシリーズのブラウンに決定しました!
もう決めてるで~と言ったのは冗談だったのかな?

いろいろ悩んだけど、自分で決めたと自信をもってほしかったので、本人がちゃんと決めれて良かったと思います。
グレーを押していた主人には残念ですが、、、(笑)

これからの人生、選択の連続です。私たちが子供の頃よりさらに選択肢が広がり、迷うことが多くなりそうな現代。
自分自身で決めていく強さを持ってくれたらなあと、いつも娘をほどよく見守っていきます。


まだまだ身体に対して大きく見えるランドセル。早く届かないかなあ、届くの楽しみと言っています。
人気シリーズの為、職人がつくって出来上がるのが来年の3月とのことで、2022年3月にお届け予定とのことです。
待ちきれないですが、ひとつひとつ心を込めて作ってくださる職人さんを思い、楽しみに待ちたいと思います。

娘にとってお気に入りの6年間のおともになればなあと思います。

2021年6月25日

体をいたわる心をいやす。④食を大切にする

④マザーハウス紫野に住む夫婦の暮らし、4つのお話の4つ目
「食を大切にする」最後の動画です。

私はマザーハウス紫野の家庭菜園で、米のとぎ汁EM培養液と
野菜の切れ端をまぜた肥料土を使い、有機野菜をつくっています。
太陽のエネルギーで育つ旬の野菜は、甘くてとてもおいしいです。

そして質の良い調味料を使って料理すると、野菜本来の味が
きちんと引き立ちます。

コーヒーの豆を挽き、朝のコーヒーをハンドドリップでいれる・・・
毎日のご飯のために出汁をとる・・・
毎年梅酒を作り、その年の出来を楽しむ・・・
何気ない日々が、極上の1日になりました。

快適で心地良い住まいで、楽しくつくっておいしく食べる。
私たち夫婦はこの家で、お互いの心も体もいたわりながらこれからの幸せを
育てていきます。

第1・第3日曜日は10:00~16:00までモデルハウスをオープンしております。ご予約不要ですのでぜひ実際にお越しいただき五感で体感してみてください。
リノベーションやリフォーム、注文住宅をお考えの方のご参考になればと思っております。

それ以外の曜日・時間帯でも予約を受け付けております。お気軽にご連絡下さい。

感染対策を徹底してお待ちしております。

株式会社石田工務店
フリーダイヤル:0120-296-481 平日9:00~16:00受付(12:00~13:00除く)

FAX:075-451-5051

Email: isco@wonder.ocn.ne.jp

モデルハウスについてはこちらをご覧ください。

2021年6月18日

体をいたわる心をいやす。③ストレスのない空間

③マザーハウス紫野に住む夫婦の暮らし、4つのお話の3つ目、
「ストレスのない空間」の動画です。

使い勝手の良いキッチンには、私のお気に入りのキッチン用品や調味料が
すぐ取れるように、吊るしたり、収納されたりしているんです。

この家に住んでから、作業の手づまりがなくなり、
とてもお料理がはかどるようになりました。

この家は、2階に水回りを集めているため、朝起きてきて、出掛ける以外は
階段を上り下りしなくてもいいんですよ。
2階で洗濯をして、2階のバルコニーに干す。
2階のキッチンで出たゴミは2階バルコニーへ。
とっても家事がスムーズです。

天窓からのたっぷりとした光を受けながら、
慣れ親しんだ日々使うものへの動きがよどみなくつながり、ストレスのない
明るい日常生活を送っています。

第1・第3日曜日は10:00~16:00までモデルハウスをオープンしております。ご予約不要ですのでぜひ実際にお越しいただき五感で体感してみてください。
リノベーションやリフォーム、注文住宅をお考えの方のご参考になればと思っております。

それ以外の曜日・時間帯でも予約を受け付けております。お気軽にご連絡下さい。

感染対策を徹底してお待ちしております。

株式会社石田工務店
フリーダイヤル:0120-296-481 平日9:00~16:00受付(12:00~13:00除く)

FAX:075-451-5051

Email: isco@wonder.ocn.ne.jp

モデルハウスについてはこちらをご覧ください。

2021年6月14日

モデルハウスの家庭菜園で夏野菜育ての本番が始まりました。

夏野菜
 今年はゴーヤ、きゅうりに続き昨日の日曜日にミニトマトの苗を2本植えて、夏野菜育ての本番が始まりました。

 きゅうりのまわりには溝を掘って水が貯まることで水不足が起こらなくしました。
梅雨が終わる頃には順番に実を付けていくことでしょう。

残った場所にはパクチー、はつか大根、九条ねぎ、おつまみ枝豆の種をまきました。かわいい芽が出てくることを楽しみにしています。

昨年と比べ今年のカエデは元気があります。

昨年とれた種から育てた金魚草の花もきれいにいろんな所で咲き続けています。

2021年6月11日

体をいたわる心をいやす。②温度差を少なくする、断熱性・気密性を高める

②マザーハウス紫野に住む夫婦の暮らし、4つのお話の2つ目、
「温度差を少なくする、断熱性・気密性を高める」の動画です。

京都の蒸し暑い夏も、底冷えする冬も、このマザーハウス紫野で私は快適に
過ごしています。

夏の冷房は2階ロフトから家全体に広がり、サラッとした冷気がどこにいても
私の体を包み込みます。

冬の暖房は1階寝室から家全体をあたため、冬でも薄着で過ごしています。
断熱性、気密性を高めることで、家の中の温度差が少なくなり、
体の負担になるヒートショックもなくなるんですね。
窓ぎわの結露もなくなりました。

健康的で快適な住まいに住んでからは、夫婦の新たな趣味が
増え続けています。(笑)

第1・第3日曜日は10:00~16:00までモデルハウスをオープンしております。ご予約不要ですのでぜひ実際にお越しいただき五感で体感してみてください。
リノベーションやリフォーム、注文住宅をお考えの方のご参考になればと思っております。

それ以外の曜日・時間帯でも予約を受け付けております。お気軽にご連絡下さい。

感染対策を徹底してお待ちしております。

株式会社石田工務店
フリーダイヤル:0120-296-481 平日9:00~16:00受付(12:00~13:00除く)

FAX:075-451-5051

Email: isco@wonder.ocn.ne.jp

モデルハウスについてはこちらをご覧ください。

2021年6月4日

体をいたわる心を癒す。①体にやさしい木の力

①マザーハウス紫野に住む夫婦の暮らし、4つのお話の1つ目、
「体にやさしい木の力」の動画です。

木に包まれた日常は心地よく、私の五感を満たします。
木の香りに私は癒され、木の肌ざわりにぬくもりと心地よさを感じます。
足もとが冷えるのも、この家に住んでなくなりました。

木は窓から入る太陽の光の反射を弱め、やわらかな光に変えて部屋に広がり、
目にもやさしくなって、私の心や気持ちを和ませてくれます。

木は呼吸しているので、周囲の湿度が一定になる様に
調整もしてくれています。
木の音を吸う力が、住まいの様々な音をまろやかにして私に伝えてくれます。

あなたもマザーハウス紫野で、「体にやさしい木の力」に触れてみてください。

第1・第3日曜日は10:00~16:00までモデルハウスをオープンしております。ご予約不要ですのでぜひ実際にお越しいただき五感で体感してみてください。
リノベーションやリフォーム、注文住宅をお考えの方のご参考になればと思っております。

それ以外の曜日・時間帯でも予約を受け付けております。お気軽にご連絡下さい。

感染対策を徹底してお待ちしております。

株式会社石田工務店
フリーダイヤル:0120-296-481 平日9:00~16:00受付(12:00~13:00除く)

FAX:075-451-5051

Email: isco@wonder.ocn.ne.jp

モデルハウスについてはこちらをご覧ください。

2021年5月28日

体をいたわり心を癒す モデルハウス動画を作成しました。

体をいたわる心を癒す。

京都市北区の京都マザーハウス石田工務店のモデルハウス、京都マザーハウス紫野に住む円熟夫婦の暮らしを4つの話でお伝えします。
今回は目次です。次回より1~4を順にアップしていきます。

第1・第3日曜日は10:00~16:00までモデルハウスをオープンしております。ご予約不要ですのでぜひ実際にお越しいただき五感で体感してみてください。リノベーションやリフォーム、注文住宅をお考えの方のご参考になればと思っております。

それ以外の曜日・時間帯でも予約を受け付けております。お気軽にご連絡下さい。

感染対策を徹底してお待ちしております。

株式会社石田工務店
フリーダイヤル:0120-296-481 平日9:00~16:00受付(12:00~13:00除く)

FAX:075-451-5051

Email: isco@wonder.ocn.ne.jp

モデルハウスについてはこちらをご覧ください。

2021年5月19日

鞍馬寺でパワー注入!!

暮らし家守りをサポートする、マザーハウス石田工務店 スタッフのSです。

京都一のパワースポットといわれる、鞍馬寺に行ってきました。
(緊急事態宣言前のことです。)

こんなに長い間、京都に住んでいるのに・・・
はじめての鞍馬寺にワクワク・ドキドキ(◍>◡<◍)。✧♡

さあ出発!! なんだか雲行きがあやしくなってきました。

初めてのケーブルカー

狛犬でなく、ここでは虎がお出迎え
毘沙門天の使いと言われている虎です。 

後姿も格好いい❕❕


雨が降ってきました。  激しく降ってきちゃいました。 傘ないです(´;ω;`)ウッ…

パワースポット 絶景です!

パワーをいただきました。
傘ないけど、さぁ行こう!!!

雨がやみ、青空になってきました(*^-^*)
なにか、洗い流してもらえたのかな⁉

ありがとうございます。 いろいろなものに感謝です。

ハードな山歩きだったわりに元気な私。と喜んでいたら、2日後くらいにきました。
筋肉痛で家事もままならず。きつかったぁ~(ToT)/~~~ (笑)

2021年5月6日

休日の朝のみそ汁とごはん  ほっこりします。

暮らし家守りをサポートする、マザーハウス石田工務店、社長の石田泰久です。

朝のみそ汁

休日の朝はごはんのスイッチをいれて、味噌汁を作りはじめます。鍋の水に入れていた利尻昆布にゆっくり火を入れます。煮立つ前に昆布を取り上げ沸騰させてあくを取ります。出しをとった昆布はもちろん活用します。もったいないですからね。

今日の具材はあり合わせの新玉ねぎ、なす、にんじん、ごぼうです。一度に鍋に入れるので最適な厚さに切り分けます。ごぼうは薄くにね。

味噌はファイブMの森明子先生からもらった手作り味噌をふんだんに使います。

溶くのはステンレスの穴あきスプーン。この器具は優れもの、後のすすぎも簡単です。

味付けは少し手をぬいてミツカンの追い鰹つゆを少し。
味は上々。手作り味噌の自然な旨味にごぼうのコクが加わりました。

使ったこんぶはつくだ煮に。砂糖と日本酒で煮ると利尻昆布も柔らかくなります。梅干しのタネと山椒の実を入れ炊き上げました。

 休日の朝のみそ汁とごはん  ほっこりします。