2010年9月19日

赤ちゃんの気持ちになって・・・

受付の石田です。
岩本です。
ども 森です。
月火 受付担当の高田です。
みんな・・・ブログリレーがんばっていますでしょ!
私は、石田工務店主任の日浦です。
今日は、京都 上賀茂の家での
オープンハウス見学会場に来ています。
ひとりでお客様をお待ちしています。
床の無垢の杉板気持ちいいです。
ちょっと横になってみました。
これなら、赤ちゃんが這い這いしても気持ちいいようなあ・・

床にはドイツ製のアウロという塗料が塗ってあります。
赤ちゃんがなめても大丈夫な床です。
カウンターは折りたたんで
しまえるようになっているのがお分かりですか?
用途によって、広く部屋を使える工夫なんです。
ごろんと仰向けになってみます。
天井は杉の単板が張ってあります。

断熱材がしっかり入った屋根からの熱の侵入は極めて少なく
夏もエアコンが効きやすい吹き抜け勾配天井です。
 
照明も多灯にしてシーンを楽しめるようにしています。  
キッチンフードの取り付けにも工夫を凝らしました。
木に囲まれて暮らすって森の中にいる感じですよね。
観葉植物もよく似合う家です。
赤ちゃんも気持ちよく心豊かに育つように思えます。
ペアガラスサッシに守られた明るい家は
外の音も気になりません。
赤ちゃんにとっていい家は、みんなにとってもいい家です。
社長はずっと昔から「気持ちいい家」に、こだわっているんです。
いい家を造らせていただく仕事を任されることに、社員として誇りに感じます。
デザイン+高性能を実現する住まいづくりに・・
「気持ちいい家みいつけた〜☆」って胸を張って言えます。
hiroko.hiura