2010年10月10日

またまた職人技に感動☆


こんにちは。受付の石田です女性
娘は小学5年生。
周囲のお友達は受験モード全開。
そんな中、先日の誕生日前に突然、
「スケートボードがほしい」
・・・と真剣に言われ、私は目が点。
11月にはバイオリンの発表会を控えています。
まわりでスケートボードをしているお友達もいません。なぜ・・・
察するに、
娘の鮮烈なイメージ
 漫画『名探偵コナン』でコナン君がかっこよく移動に使っている。
 映画『ベスト・キッド』で、ジェイデン・スミス君が街中を気持ち良く移動していた。
「スケボー=不良」   (←全国のライダーの皆様ごめんなさい)
のイメージがある私は必死で拒否。
(いわゆるバンクーバーのスノボー国母選手のイメージ・・・なのです・・・)
でも誕生日をだいぶ過ぎて、このほど、私、ついに折れたのでございます。
しかし・・・
まず、どこに売っているのかも分かりません。
とりあえず、近くのスポーツ用品店(ミツハシ)へ。
ありました。
子供用で、3千円と1万円の2種類。
迷わず3千円のものを(しぶしぶ)購入。
店員さんに、
「ヘルメット、プロテクターを着用のうえ、決められた場所ですべってください」
と言われ、ちょっと安心。そりゃそうです。道路ですべっていたら怒られます。
でも・・・決められた場所って??
検索。
ありました。専用の「スケートパーク」。(←その存在を初めて知って感動・・・)
そして行ってみました。スケートパーク☆
一回目は京田辺にある田辺中央体育館併設のパーク。(無料です)
超ド素人の親子が端っこでおどおどしている中、
ぞくぞくと愛好家が集まってきて、それはそれはすごい技を披露しあっています。
最初は「ひぇ〜」という感じで圧倒されましたけれど、
しばらく見学していると、とても爽やかな気分になってきました。
スケートボードってスポーツの一種。みんなスポーツマンシップというか
パーク内に仲間意識みたいなものがあって、マナーもいいんです。
そして小さい子が上手なお兄さんたちの技を真剣に見つめて
必死で練習する姿が感動的。
上級者は初心者にとても紳士的。感動しました。不良撤回です。ごめんなさい。
気分を良くして二回目、
近鉄竹田駅近くの火打形スケートパークへ。(無料です)
ここでも皆様紳士的。ありがとうございます。
しかも、おもちゃのような娘のボードの調整までしていただきました。
何回かベテランの方とお話すると、
ボードも自転車のように部品がいろいろあって、
子供の上達にあわせて部品を替えてあげた方がよいとのこと。
専門店教えてもらって(河原町四条のムラサキスポーツさん)、
娘の3千円のボードを見てもらいました。
他店で買ったボードなのに
「ふ〜ん、なるほど」と真剣にチェック、何度も調整しながら
部品を交換してくれました。(十円単位で部品あります)
すると(娘いわく)すべり心地が劇的に変化!
ベアリングや内部のゴムの交換やネジの調整はやはり永年の経験と勘が大事なのだとか。
何度もしなり具合などをみながら調整して、おもちゃのようなボードをグレードアップさせる
現役ライダーの店員さんに「職人」気質を感じ、また感動したのでした。
人を見た目で判断してはいけませんね☆
長文になってごめんなさい。
by yumiko