2011年4月24日

村山たかさんを慕って


こんにちは。受付の石田です女性
数年前に新田次郎文学賞を受賞した、諸田玲子さん著作『奸婦にあらず』。
主人公は幕末に実在した女性、「村山たか」さんです。
以前この作品を読んで、すっかり村山たかさんの大ファンになってしまったのですが、
先日、京都府ウォーキング協会が主催するウォーキングコースのテーマが
この村山たかさんゆかりの地を歩く、ということでしたので迷わず参加しました。
村山たかさんは、現代風にいえば
「一流の美人スパイ」です・・・。
出生の時から悲運を背負っているのですが、
幼少の頃より「密偵」になるべく育てられた彼女。
過酷な状況でも耐えられるように肉体は鍛えられ、
そのうえ歌や舞なども仕込まれ芸事も第一級、
才気、愛嬌、話術、そして誰もが認める「美貌」を持つ
まさに一流の密偵です。
彼女は時代の表舞台にいた「井伊直弼」の密偵でした。
(安政の大獄を行った大老井伊直弼です。)
この作品を読むまで、私にとって「井伊直弼」は幕末の
「キーワード」でしかなかったのですが、
読後は、血の通った普通の男性になりました・・・。
直弼が「桜田門外の変」で暗殺された後、
彼の愛人だったたかさんもまた、捕えられて、
京都三条河原で「生きさらし」の刑に処せられます。
(この時代、女性を斬ると武士の刀が汚れるとされていたようです)
でも、もともと肉体を鍛えているので、普通の人なら息絶えているところを
生き延びます・・・。
その後、たかさんは出家して京都一条寺の「金福寺」へ。
ここで残りの生涯、直弼を弔う日々を過ごします。
(↓前置きが長くなりましたが、ウォーキングで立ち寄った金福寺)

↓入口横に、たかさんが奉納したという「弁天堂」がありました。

「弁天様の生まれ変わり」とも噂されていた村山たかさん。
↓お堂の鬼瓦に、「弁天様の使い」といわれる「蛇」が見えました・・・

村山たかさんはもともと近江(滋賀県)の多賀大社(弁天様で有名)の生まれです。
今年のNHKの大河ドラマ「江」のヒロインも近江の生まれですね。
今年大河ドラマは第50作目となるそうですが、
記念すべき大河ドラマ第1号のヒロインはこの村山たかさんだったそうです。
(タイトルは「花の生涯」。ご存知の方も多いと思いますが・・・)
ウォーキング道中、めずらしい桜にも出会えました☆

一本の木に、赤と白、両方の花を同時につける通称「源平桜」。
「源平」=「紅白」だそうで、
紅白歌合戦にしても、小学校の赤白帽にしても、
日本人が好きなこの「紅白」対抗のルーツ、文字通り、
源氏と平家の「源平合戦(←旗が紅・白に分かれていた)」にあるのだそうです。
いろんな時代に思いを馳せた春のウォーキングでした。
(↑ほどよくリフレッシュできた14kmコース☆)
by yumiko