2012年4月18日

二つの「おかめ桜」


こんにちは。受付の石田です女性
京都は桜もそろそろ終盤ですね。桜吹雪も風情があります。
さて、新築の上棟式の際、
御幣に奉る「おかめ」のお面。

この「おかめ」さんは建築の守り神として信仰されていて、
その像と供養塔は、石田工務店からほど近い
千本釈迦堂に祀られています。

春はこのおかめ像の前にある「枝垂れ桜」がとってもきれい☆

その名も「阿亀(おかめ)桜」。

実はこれまで「おかめ桜」といえば、
この千本釈迦堂の枝垂れ桜のことしか知らなかったのですが、
植物学的に「オカメ」という品種の別の桜がちゃんとあることを
この春初めて知りました。
こちらがその桜。

正式な「オカメ」桜です。

花が下向きに咲いて、しかも花びらを大きく広げず、
おちょぼ口のような開き方しかしないというタイプらしく、
その控え目なイメージから名づけられたそうです。

(この写真ではちょっと分かりにくいですね・・)
・・・でも千本釈迦堂の「おかめ桜」も
よーく見ると、花は下向きで開き方も控え目。

離れて見るとゴージャスな枝垂れ桜ですが、
花一つ一つはおかめさんのように控え目だったのですね。
また一つ新しい桜の名前を覚えた春でした☆

by yumiko