2012年5月16日

葵祭


こんにちは。受付の石田です女性
風薫る五月、すっかり初夏の雰囲気ですね。
毎年5月15日に行われる葵祭の巡行ですが、
今年は一日順延、おかげで今日お昼休みに用事で外出した時、
タイミングよく行列に遭遇!
アスファルトの上を行く王朝絵巻を目にすることができました。

祇園祭、時代祭とともに「京都三大祭」にあげられる葵祭ですが、
平日の昼間であることが多いため、
京都に住んでいてもなかなかじっくり鑑賞する機会がありません。
今日見学できたのは途中からでしたが、
延々と続く行列の全長は約700mにもなるそう。

ところで今回初めて行列の「最後尾」を目撃。
実はこの部分が一番印象に残りました。
最後尾のこの方。(若い女性の方)

行列の馬や牛が道路に落としていった「糞」を手早く掃除、

軽トラックに回収して、前方の行列に必死についていっておられました。
華やかなものの陰には必ず地道な作業。
祭がいろんな方に支えられて成り立っていることを実感しました。

京都の初夏の風物詩、今年も無事に終了ですね。
by yumiko