2013年5月18日

山上の聖地


こんにちは。受付の石田です女性
ずっと行ってみたかった『高野山』
先日、初めて足を踏み入れることができました。
京都から日帰り(!)という強行スケジュールだったので
山上に到着すると聖地の中心「奥の院」へ直行。

弘法大師の御廟へと続く参道は約2kmに渡って続き、
新緑とともに沿道の杉の巨木が神秘的でとても美しかったです。

杉と杉の間には、いろんな有名人の供養塔が
宗派、身分、時代を問わず建てられていて
参道周辺が一大霊場になっていました。
新しく大企業や各種団体などのオリジナルの供養塔も多数建てられていて、
日本人の高野山信仰の厚さを感じます。
個人的に印象に残ったのは、
航空機メーカーによるロケットの供養塔・・。

そして感動したのは
日本しろあり対策協会によるシロアリの供養塔。

家の大敵、シロアリ。
容赦なく駆除されてしまう宿命ですが
この供養塔の存在に少し気持ちが救われます。

さすが高野山です。
奥の院の最終地点は
弘法大師がいらっしゃる御廟。
ついにその御廟へと渡る「御廟橋」の前へ。

この橋の向こうは聖域。
撮影も禁止になっています。
一礼して厳かな気持ちで橋を渡り、
今も修行中と信じられている弘法大師の最もお近くに行くことができました。
旅の目的達成です。
強行スケジュールでしたが、
最後に高野山近くの『龍神温泉』外湯に浸かって帰ることができました。

美肌効果の高い泉質で「日本三美人の湯」のひとつ。
(弘法大師による開湯伝説が残っています)
身も心もツルツルになった(気がした)高野山への一日旅。
いつかまた心身を清めに、ゆっくりと巡ってみたいと思います。
by yumiko