2010年10月1日

美しい人


こんにちは。受付の石田です女性
比叡山千日回峰行がDVDになっていました。
先日、比叡山延暦寺会館で発見!さすが本拠地です。 (←比叡山、時々登っています☆)
阿闍梨さまの大ファンである私は感動して迷わず購入させていただきました。
ご存知の方多いと思うのですが、
千日回峰行は、千年前から続いている、天台宗の信じられないような過酷な修行。
ひとたび行に入るとやめることは許されません。
「脱落=死」の覚悟をもち、死装束の浄衣で、ほぼ毎日、過酷な修行を続けます。
その期間、七年間。 (途中九日間の断食、断水、不眠、不臥の行あり)
達成(満行)された方は「大行満大阿闍梨」と尊称されます。
現存する大阿闍梨さまは数名いらっしゃいますが、
これまで、その方々の著書や関係本を読ませていただき、
もうすっかり魅了され、大ファンに。
それは、過酷な行を成し遂げたすごい方だからというのではなく、
皆様共通して、考え方や言葉が他のどんな方よりも優しいと感じるから。
「大阿闍梨」になって、何か格が上がったとか威厳が出たとかいうのではなく、
むしろ、「行を通して仏に近づき、やっと皆様の役に立つことができるようになった」
という謙虚な考え方。
そして共通しているのが「感謝の心」。
はぁ・・・ため息がでるほど美しい方々です。
でも実際、この行は決して「孤独な修行」ではなく、
この行自体が文化遺産的に多くの方に支えられ、受け継がれているということを
今回このDVDを観て実感しました。
ちなみに、DVDは今年発売のものですが、
昨年満行された圓道大阿闍梨の映像と思っていたら(著書は早速読みました☆)
平成6年に満行された、上原行照大阿闍梨の行中の記録となっていました。(貴重な映像です)
上原大阿闍梨に関する本もこれまで読みましたが、この方もとても素敵な方。
あと、この千日回峰行を二回満行した(まさに生き仏)
酒井大阿闍梨の著書『一日一生』、これが私のバイブルとなっております。
山に籠もらなくても、毎日が修行の日々・・・
阿闍梨さまのように、「感謝の心」を忘れず美しい心の人でありたいです。
・・・ところで、噂で過酷な(?)研修中の岩本さん、頑張って〜☆
by yumiko