2012年12月19日

倉本聰 『學』


こんにちは。受付の石田です女性
アジアのテレビ放送で優れた番組等を表彰する国際的な賞、
「アジア・テレビジョン・アワード 2012」で今月、
倉本聰さん原作脚本の2時間ドラマ
『學(がく)』が最優秀賞を受賞しました。
このドラマは今年の元旦にWOWOWの特別番組として
放送された作品だそうですが、今回初めて知った私は、
幸いすでにレンタル店に並んでいることを知り
遅ればせながら早速レンタル!

名作「北の国から」以来、
倉本聰さんの哲学や思想に共感し続けていますが、
今回は何といっても主人公が娘と同世代の14歳の少年。
親としても見逃すわけにはいきません。
ストーリーは、
ネット依存、現代文明の落とし子ともいえる少年が
心に傷を負い、大自然の山奥でたった一人で
生死をかけたサバイバルに挑むというものですが、
現実を直視させる衝撃の映像も多く、
文明とは何か
友人とは何か
家族とは何か
生きるとは何か
という倉本さんならではの力強い問いかけが2時間に詰まっていました。
期待を裏切らない深い内容に心から感動。
映画で広く公開されなかったのが残念です。
WOWOWでは今回の受賞を記念して、
来春再放送するそう。
ところで今回体当たりの演技を見せてくれた
主人公「學」役の美少年、高杉真宙(まひろ)君。(石川遼くん似?)
(右は祖父役の仲代達矢さん)
まひろ君、今年のNHK大河『平清盛』にも小兎丸役で出演していました。
今後が楽しみな俳優さんです。
by yumiko