2012年12月12日

クリーンセンター


こんにちは。受付の石田です女性
年末の大掃除を意識する時期になりました。
家の中をきれいにしようと
家の外に出すゴミ。
その家庭から出したゴミは
毎週、ゴミ収集車が回収してくれます。
そしてそれらのゴミを集めて一度に「焼却処理」するのが
「ゴミ処理場」ですが、
現在は「クリーンセンター」と呼ぶのだそうですね。
先日、京都市左京区静市にある
その「クリーンセンター」へ娘と見学に行ってきました☆
住宅街のすぐ近く、山の中腹にそびえ立つ
東北部クリーンセンター↓

ゴミを焼却している施設なので昔ならば、
粉塵やダイオキシンが気になって近づけないところですが
現在はその名の通り施設もその周辺もほんとにクリーン!
見学に行った日は施設内でフリーマーケットも開催されていて、
ゴミ処理場とは思えない雰囲気にびっくりしました。

・・ただ、内部では当然ですがガラスごしに
「リアルなゴミ」を目の当たりにします・・・。

ゴミはほとんどが人工のもの。
誰かが作っては、
誰かが捨てる。
そういうことをずっとくり返しているんだな・・と
少し切ない気持ちになりました。


↑このひとつかみで、ゴミ収集車5台分の量なのだそう。
我が家から出したゴミもまだこの中にあるかもしれないと思って
しみじみ見ていると、
娘は娘で、映画『トイストーリー3』のあのクライマックスシーンを
連想して別の意味で感慨深げでした。
ウッディーたちが間一髪で脱出した「焼却の現場」は
モニター(ライブ映像)で見ることができました。

この火力発電で、
一般家庭1万件分の電気を発電しているのだそうです。
中央制御室も見学。

館内はとにかくびっくりするくらい静か。
最新の技術で、有害な化学物質はもちろん
音も臭いも粉塵も周りには一切出さない徹底ぶりが伝わりました。
クリーンセンター最上階の窓から見た眺め。

きれいな景色が広がっています。
ゴミを出す私たちの生活や健康を守るため、
ゴミの処理にとても費用がかかっていることも実感しました。
ゴミ箱に捨てた瞬間、「処理済み」感をもってしまっていたけれど、
ゴミの本当の終着点に、時々思いを馳せようと思います☆
by yumiko