2011年3月7日

イーグルス


日曜日、イーグルスのコンサートに行ってきた。
イーグルスは70年代ウェストコーストサウンドの代表的バンドである。
「ホテルカリフォルニア」「デスぺラード(ならず者)」など
世界中のファンを魅了したグループだ。
当時、私は高校生だったが、発売されたアルバムのLPレコードはすべて買い、
何度も聴いた。
↓今でも大事に持っているLPレコード

(これがあるから今でもレコードプレーヤーは捨てられない)
そのイーグルス、結成40周年になる今回の来日公演(3/1〜3/6)。
大阪、名古屋、東京のツアーだったが、東京以外は平日。
横浜にいる高校時代の親友が、早々に日曜日(東京ドーム)のチケットを
おさえ、誘ってくれたので、ツアー最終日に行くことができた。

やはり会場内はほとんどが、同世代だったように思う。
イーグルス全盛の頃、高校、大学生だった人たちだろう。
再び聴く懐かしの曲に、それぞれの青春時代を重ね合わせて聴いていたと思う。
12弦ギターのイントロで始まる、あまりに有名な「ホテルカリフォルニア」。

誰もが一番に聴きたがっていただろうこの曲は
プログラム4曲目に登場した。
何度聴いても泣かせる曲だ。
コンサート最後の曲は、
「ホテルカリフォルニア」と双璧をなす、「デスぺラード(ならず者)」だった。

このしっとりとしたバラードで余韻たっぷりに幕を閉じたコンサート。
合計2時間50分。
今回、メンバーの平均年齢は63歳だそうだ。
全く衰えを感じさせないどころか、
円熟味を増し、プロとしての力量を十二分に感じさせるもので、
本当に素晴らしいコンサートだった。
横浜のY君、ありがとう。