2013年4月24日

美味探究 part20 -京たけのこ 編-


先日、長岡京で採ってきた朝掘りのたけのこ。
持ち帰って早速すべて下ゆでした。

このたけのこは水につけ、時々水を替えると
一週間は保存できる。

まずは掘りたての味をそのまま味わってみる。

何も味つけしなくとも、甘味があってみずみずしく美味しい。
まずは苦労して採った旬の味をかみしめた。
次はだしで煮て

品良く薄味の含め煮に。

そして定番の若竹煮。

さっと炙って田樂風にもしてみた。
合わせ味噌版

白味噌版

こちらも定番、筍ごはん。
まずシンプルに旬の香りを楽しむ。

別の日に具だくさんバージョンで。

春の味覚、菜の花としいたけ、かぶ、豆腐と共に煮ものする。

新じゃが+菜の花+たけのこのポテトサラダ

これですべて使いきる。
やはり旬の食材は美味しい。
たけのこ三昧の一週間だった。