2023年11月7日

猫との暮らしを楽しむ

皆様こんにちは。
暮らし家守りをサポートする石田工務店 スタッフYです。

今回は、
ベランダにルーバーフェンスの囲いを設置した
ご自宅の工事報告をいたします。

一匹の猫ちゃんとの暮らしを楽しむご夫妻(Sご夫妻)
からのご依頼でした。

猫ちゃんは里親制度から
お客さまのお宅へ
新しい家族として迎えられました。

どこのご家庭でも、
ペットを迎えたことによって、
ご自宅の中を少し変えて
いく必要があります。

猫ちゃんを迎えられた
Sご夫妻の場合は、
まさにそれが
 「2階のベランダから猫脱走問題」
だったのです。

ごく普通のベランダは
手摺から上がオープンになっています。

高いところが大好きで冒険心いっぱいの猫にとっては、
ベランダからちらりと見える外の風景を前に、好奇心に火がつきます。
(お隣の屋根がとても近い!京都市に良く見られる光景ですね。)

次の瞬間、
室外機上から、そのジャンプ力を見せつけ、
外の世界に飛び出してしまうことは難なく予想できます…。

ということで、
猫ちゃんを迎えられてからというもの、
ベランダで洗濯物が干せません。
そればかりか、ベランダの窓を開閉することも
やめてしまい、これでは折角のベランダスペースが
無駄になっていました。

そこで、
「猫が逃げないように囲いをつけてほしい」
とのご依頼をいただいたのです。

囲いをつける にもいろいろな条件は
譲れません。

〇「室外機、給湯器」が設置されているため、
必要な換気量に配慮しなければいけない事

〇囲いをつけたことにより、
圧迫された空間にならないようにする事

〇そうはいっても少しでも外の気配を感じたい

〇洗濯物を干したい

〇もちろん、猫ちゃんが通れないことが条件!

これらのご要望を
お客様と十分にお打ち合わせをして
設置した今回の囲いがこちらです!


(暑い中、施工業者さんに骨組みを組んでいただきました。ありがとうございます!)

ルーバーを全面に使用することに
よって、十分な換気を得られ、
半透明を設置することで
圧迫された空間という印象が
全くありません。

また、なるべく外の気配を感じさせるよう、
ルーバーを通常の逆さに設置。
外気との接触面を増やしたました。
(雨が激しいときにはベランダには雨が入ってきます。)

後日、お邪魔させていただいた時には、
ベランダで新たに植物をそだてていらっしゃいました。

地べたには、クッション材を敷かれており、
おしゃれな空間が完成されていました。


(内窓も2か所設置いたしました。白がこちらのお部屋に良く合います。)

肝心な猫ちゃんの反応はというと、
昼間はベランダに出て、
外気浴を楽しんでいるのだそう…!

この日も猫ちゃんの姿を見ることは
できなかったのが残念です…。
(きっと押し入れの隅っこに隠れているとのこと。)

また、
工事中はずっとおばあ様が
在宅してくださいました。
遠方からのご訪問、
ご協力ありがとうございました。

余談となりますが、
おばあ様は
色々なお野菜を栽培されているとのこと。
私もおばあ様の真似をして、
「紫キャベツ酢漬け」を
あれから何度か作っています。

美味しい!!

※使用している画像は一部以下よりダウンロードしております。
https://jp.freepik.com/free-photos-vectors