2009年12月14日

住まいの成功・失敗・いろんな声をサポートします(6)

-お客様のいろんな声を想定してつくりましたー
○成功   将来仕切れる形で子供部屋をつくりました。
間仕切りの無い広い子供部屋空間で兄弟2人思いっきり走りまわっています。おもちゃ遊びも思い存分やっています。
設計からのコメント
 子供が小さいうちは、子供に個室は必要ありません。仕切った空間では親子のコミュニケーションがどうしてもとりにくくなります。
 子供が大きくなったら簡単に仕切れ、巣立ったら又、もとに戻せる将来を考えたプランづくりが重要です。
×失敗   LDKが広くて開放的なので暖房がなかなか効きません。
LDKをワンルームにして広くとったので部屋全体が思うように暖まりません。「廊下の戸を締めて」が口癖になっています。
設計からのコメント
 従来型の日本の住宅は断熱気密が充分でない為、間仕切ったその部屋だけを冷暖房することになります。そうなると部屋はなんとなく暖かいけど廊下が寒いということが起こります。
 これに対しわずかな暖房で家中が暖まる高断熱高気密住宅であれば、冷暖房の為の不必要な間仕切りをすることもなく広々とした快適なLDKがつくれます。
○成功   高い天井により居間が広々としました。
 リビングダイニングが少し狭く感じたので、梁をわざと見せて天井をできるだけ高くしました。そのことにより圧迫感がなくなり部屋が広くなったように感じます。梁がアクセントにもなり気に入っています。
設計からコメント
 思った以上に天井に空間があると部屋は広く感じられます。ほんの少しの工夫で空間にゆとりが生まれます。梁を見せる場合、梁を事前にきれいに削っておくことを忘れてはいけません。