2011年8月28日

工事途中こそ見ることが大事


本日は現在新築中の左京区松ヶ崎I邸の現場を特別に公開させていただいた。
https://isida.jp/event/index.php?e=23
足場で覆われた新築工事現場。
特にご近所の方は気になっていたらしく、オープン前からご来場いただいた。
また遠方から来られる方も多かった。
やはり、構造の見学に来られる方は研究熱心な方が多い。
完成時の住宅見学会はよくあるが、出来上がりの綺麗な部分だけを見ても、
家にとって最も重要な強度や断熱性能、耐久性は分からない。
だが、この大事な部分が見られる工事途中を公開しているところは少ない。
本日ご来場いただいた皆様はとても熱心にご覧になっていた。
断熱性能・耐久性を見る。
<吹付け断熱>

壁と勾配天井を隙間なく覆いつくす「無結露ウレタン断熱」と
その性能を最大限に活かすための換気口。(パイプまわりの隙間は
即座にウレタンで充填する)
このことにより空気の流れを完全にコントロールできる。
そして、強度を見る。
<接合金物>

土台と柱、筋かいを固定する三面補強金物
さらに、
断熱、気密性能向上への取り組みとして、
すべての隙間に発砲ウレタンを充填している。
細かい部分だが、
<床下からの気流止め>

(中央にベーゴマのように見える金物は、
土台にめり込んでアンカーボルトを強固に留める特別金具)
同じく、
<浴室と部屋の間の気流止め>

上の写真は浴室(奥)下部を取り囲むウレタン断熱と、
洗面所(手前)からのメンテナンスを可能にする「浴室断熱進入口」。
青い断熱材は取り外し可能になっている。
(パイプまわりの少しの隙間も発砲ウレタンで充填)
そして窓は、
最高レベルの断熱4つ星の樹脂サッシ。

I邸現場監督の岩本君がきっちりと管理している隙のない現場。
安心して暮らせる快適な住まいが出来つつある。
すぐ近くには比叡山を望む高野川。

このような美しい風景をいつまでも残すためにも、
私たちが今できることは、
省エネで快適な住まいをつくり続けていくことだと思う。