2011年10月30日

美味探究 part10 -鮮魚編-

百貨店(デパ地下)の生鮮食料品は価格が高いイメージがあるが、
意外とそうでもない。
例えば、
京都駅『伊勢丹』のデパ地下。
野菜が安く、種類が豊富。見ていて飽きない。
四条通り『藤井大丸』のデパ地下。
鮮魚はよくここで買う。質が良く価格も手ごろ。
(なぜか「梅干」もここと決めている)
上の二店は休日、帰り道に立ち寄ることが多い。
今回めずらしく『高島屋』のデパ地下で食料品を調達したのだが、
こちらは野菜に安くて良い品があった。
今回調達した食品。

やまと芋・・・250円(1本)
かぼす・・・100円(6個入)
天然ハマチは『藤井大丸』で1パック500円。
「やまと芋」は通常スーパーで売っている「長芋」より粘りが強く、
卵とダシでのばすと程よいとろみになる。
さて、
新鮮な天然ハマチは「お造り」用だが、
これだけの量を全部お造りでは飽きてしまう。
生の魚を食べる時は
たいてい、一部は飽きないようにマリネなどにして味わい方を変える。

(ツマを利用した和風マリネ)
今回「お造り」の他に、
一品はハマチと一緒に買った「かぼす」を使いカルパッチョ、
もう一品は「やまと芋」を使いハマチ丼をつくった。
カルパッチョはエキストラバージンオリーブ油であっさり香りよく、
ハマチ丼は少しゴマ油を足してこくを出した。
ハマチづくしの夕食。

(カルパッチョは粒マスタード添え)
美味しかったですよ。