2012年3月11日

一歩ずつ前へ。


東日本大震災からちょうど一年になる今日3月11日、
京都市初の市民参加によるフルマラソン大会が開催された。
これは参加費の一部が復興支援にあてられる復興支援事業でもある。
国内外から集まった1万5000人のランナー。
それと同じ数のボランティア、
警察や市の職員など多くの運営スタッフが以前から
準備を入念に重ねているのを聞き及んでいた。
京都マラソンは観光都市ならではのコースで、
世界遺産を含め有名な寺社仏閣や自然を真近に体感しながら
駆け抜けるコースだ。
実は弊社すぐ近くにある今宮神社の門前通りが
コースに含まれている。
ここは以前このブログでも紹介したことがあるが、秋銀杏が美しい通りだ。

この地点はスタートからちょうど15キロ地点。
トップ集団はスタートから50分で通過していた。
また、今宮神社門前では
チアリーダーがランナーを激励。

(こちら側のカメラマンの方が多かった)
苦しいランナーの顔がふっと和んでいたのが印象的だった。
思い思いにランニングを楽しんでいる人も多くみられた。



トップから1時間40分で最後のランナーが通過。
見慣れた道を1万5000人分の思いが駆け抜けていった。

みんなの想い  一歩ずつ前へ。