2012年10月8日

大自然の秋


北アルプスに位置する人気の山岳観光スポット「室堂」に行ってきた。
10月初旬、京都ではまだ紅葉といってもピンとこないが、
標高2450mの室堂では今が見ごろだ。
3000m級の立山連峰を間近に見るダイナミックな景色に思わず息をのむ。

見ごろが連休と重なり、また天気も良かったため
多くの山岳ファンが訪れていた。

こちらは日本最高所に位置する駅「室堂ターミナル」

乗り物を使えばここまで歩かずに行けるため(ただしマイカーは禁止)、
気軽な散策者から本格的な登山者まで、
様々な楽しみ方をしている人とすれ違った。

途中、山小屋からの荷物の運び出しをしている何人かの人とすれ違う。

まるでシェルパのようだ。
険しい山岳地帯での荷物運びはやはり人力に頼らざるをえない。
観光者で賑わう一方で、
山の男たちの地道な仕事ぶりが目にとまる。
雄大かつ厳しい大自然を目の前にすると、
背筋をピンと伸ばし真摯に向き合う生き方の大切さを感じる。