2018年9月27日

シリーズ「食を楽しむキッチンのつくり方」No.1

食が生み出す心豊かで健康的な暮らしを実現するために・・・

食と料理をこよなく愛する、わたくし石田が
「食を楽しむキッチンのつくり方」についてシリーズでお伝えします。

*********************************

No.1- 冷蔵庫の位置と食器棚の位置

食や料理を楽しむにはまず使いやすいキッチンづくりが大切になります。
最初に、キッチンには欠かせない
冷蔵庫と食器棚について考えてみたいと思います。

よく話題にのぼるのが
冷蔵庫の位置と食器棚の位置について。
どこに置いたら使いやすいかという質問です。

冷蔵庫はシンク(流し)にできるだけ近いところが
望ましいでしょう。
冷蔵庫から取り出した食材は
シンクやシンク周辺に置きます。

調味料や粉ものはシンクと調理器の間のスペースで使うので
冷蔵庫がシンクの横または向かいにあると
調味料などは置きやすく、作業効率が良くなります。

この冷蔵庫の位置はキッチンの端になりますので
飲み物を取りたい家族にとっても
良い位置になります。

一方、食器棚について。
器を使う場所は冷蔵庫に比べ、より分散します。
一番使うのは調理器の周辺で、
調理器とシンクの間のスペースでも使用するので
食器棚を置く場所は
調理器の横か、その向かいが良いということになります。

ただコップを置く場所は冷蔵庫近くが良いでしょう。
コップやよく使う食器はシンクに向かって正面の壁にあると
便利でしょう。

日頃どこで何を使っているかを考えていくと
最良の位置が分かり、
それに合わせて収納をデザインしていくことができます。