2018年10月11日

シリーズ「食を楽しむキッチンのつくり方」No.2

食が生み出す心豊かで健康的な暮らしを実現するために・・・

食と料理をこよなく愛する、わたくし石田が
「食を楽しむキッチンのつくり方」についてシリーズでお伝えします。

*********************************

No.2- キッチンはI型か、2列型か、L型か・・どれが良いのか

これもよく受ける質問です。
キッチンスペースは4帖から6帖で設計することが多いのですが
その中に冷蔵庫や食器棚等を置くとなると(シリーズNo.1参照)
限られた空間内での設計になってきます。

結論を言うと、
私がおすすめするのはI型もしくは2列型です。

L型はどうしても角の部分が使いにくいスペースとなり
空間を有効利用しているとは言えません。
ただ、I型にしても2列型にしても
おすすめする前提条件があります。
I型は長さが3Mを越えると横移動が長くなり
使い勝手が悪くなります。
長さは3Mまでにすると良いでしょう。

2列型は近年好まれる型ですが
2列にシンクと調理器が分かれているタイプは
おすすめしません。
なぜなら、
洗った食材を調理器に運ぶ時に
通路部分を通過し、通路に水分が落ちるからです。

シンク、調理器が横一列タイプならば
食材は横移動し、通路に水分が落ちることはありません。

2列型で私がおすすめするのは、
1列に配膳スペースと
エレクトリックタワー(電気調理器設置スペース)を
設けるキッチンデザインです。

シンクが
ダイニングに向いているのか壁に向いているのかは
家族構成や使う人の好みで決めていいと思います。
ただただ流行りだからということで
大切なキッチンの配置を決めるべきではありません。