2020年5月25日

コロナ渦の会社の近況など。緊急事態宣言が解除され、リフォーム、リノベーションのご依頼が増えてきています。

私は京都市北区紫野、大徳寺近くで、マザーハウス石田工務店という工務店をしています。

近年は、リノベーション、リフォームを中心に、木造住宅の住まいづくり計画、施工と、メンテナンスのお仕事をしています。

仕事の近況ですが、コロナの影響で、3月はじめから打合せしていた大規模リフォームは4月後半契約後、
すぐに「近所の手前があるので」と2か月工事が延期となりました。
「次の工事に入るよ」と大工に伝えていたので、すごく申し訳なかったです。

この3か月、仕事が少なくなったので、事務所の書類の整理を毎日しています。
過去のお客様のデータも整え、お客様のお問い合わせがあったとき、すぐに状況がわかるようにしています。

もんもんとした状況だったのですが、京都の緊急事態宣言が解除された22日金曜日から、少し明るい兆しが見えてきました。
新規の問い合わせを、この金曜は1日で2件いただきました。
そして、明日火曜日、打合せのアポイントが決まりました。
完全BtoCの会社なので、一般のお客様があってこそ、スタッフや協力会社と仕事ができます。

今回のことがあって先が見通しにくい仕事であること、ひしひしと感じました。この期間、書類整理以外に、仕事について考えることが増えました。
そして1つの方向性を見定めました。

仕事の守ると攻めるを明確にすることです。

守るのは今までのお客様の関係性を密にすること、
攻めるはリフォームの中でもキッチン、ダイニングの分野でお客様にとってなくてはならない存在になることです。

私の趣味は料理づくりです。
料理をつくる私だからこそ、提案できるキッチンダイニングがあると考えます。
この分野の日本1を、本気でねらっていきます。

料理が好きなので、この期間、食生活ではほとんど困りませんでした。
反対に時間があるので発想がふくらみ、いろんなものをつくりました。


野菜カレー

よろしければ、最近の社長ブログをご覧ください。

料理をつくるといいことがあります。まちがいなく家族に喜ばれます。そして10年程前から思うことがあります。
仕事も大事だけど、家族も大事だということ。
もしかしたら家族の方が大事かもしれません。
なぜなら、仕事は家族みんなの幸せの上に存在するものだと感じるからです。


モデルハウスの「京都 マザーハウス 紫野」のキッチン

最後になりますが、この新型コロナで、飲食、旅行業を中心にたいへんな方が多いと思います。もちろん私もそうですが。
しかし誰が悪いものでもありません。

このまさかの状況をありのまま受け入れることから、次にすることが見えてくるように思います。

地球は人間の為にあるのではない、地球上のありとあらゆるものの為に存在する。新型コロナも例外ではありません。

思いつくままに書きつづけました。