2011年6月24日

美味探究 part2 -実さんしょう編-


山椒の実は6月が旬だ。
蒸し暑くなるこの時期、山椒の香りとピリッとした辛さが料理を引き立てる。
やはり旬のものは旬の時期に食べるのが一番美味しいと思う。
先日店頭に並んでいた青々とした枝つきの山椒の実を山盛り買った。
枝から実をはずす地道な作業により、

大量の「実山椒」を仕上げることができた。

京都では、実山椒といえば、「ちりめん山椒」が有名だが、
やはり、旬の食材と合わせたい。
まずは、こちらも今が旬の琵琶湖産「子鮎」

これを実山椒と煮つける。

IHのタイマーは、煮詰める作業で焦がす心配がなく便利!
子鮎の山椒煮でまず一品。

ちなみに旬の子鮎はもちろんシンプルな「塩焼き」でも味わったが。

その後、
茄子と豚肉の冷製煮に使ってみたり、

定番、うな丼に粉山椒とともに使ってみたり、

ハモとみょうがの吸い物に入れてみたりした。(なかなか美味だった!)

すべて実山椒がいい感じで効いていて、
さすが「小粒でもピリリと辛い」名脇役だ。
保存用に一部は昆布と佃煮に。

だが実山椒はまだまだ残っており、
山椒三昧の日々は続く。