2012年6月11日

断熱材

「断熱」により、
夏の蒸し暑さ、冬の底冷えが大きく改善されると、
冷暖房の負荷が軽減され、節電につながる。
このことは現在ではよく知られるようになってきた。
CO2削減にもつながるため、
住宅の断熱化は国や自治体も支援しており、
「住宅エコポイント」申請の条件にもなっている。
ところで、この肝心の断熱材、
じっくりご覧になったことがあるだろうか。
断熱材は住宅が完成すると隠れて見ることができない。
見えない壁の中で結露をよび込みやすい
やっかいな断熱材もあるので注意が必要だ。
さて、一番優れた断熱材は何かご存知だろうか。
実は「空気」だ。
今週末の新築現場見学会では、
断熱材取付直後の現場を特別公開する。
空気の泡をじっくりご覧いただけるだろう。

私たちは皆様に断熱材選びに興味をもっていただき、
快適で耐久性のある住宅を建ててほしいと思っている。
ぜひ参考にしていただきたい。
6月16日(土)新築現場見学会については
イベント情報ページをご参照ください。

ご来場お待ちしております。