2018年10月22日

シリーズ「食を楽しむキッチンのつくり方」No.3

食が生み出す心豊かで健康的な暮らしを実現するために・・・

食と料理をこよなく愛する、わたくし石田が
「食を楽しむキッチンのつくり方」についてシリーズでお伝えします。

*********************************

No.3- シンクは一つかそれとも二つか

シンクは一般的には一つのキッチンが多いと思いますが
私は問題なければ一つで良いと思います。

洗い物のためにシンクを二つにしたことがありました。
ただシンクが二つあると
一つのシンクの大きさが小さくなり、
大きな鍋が洗いにくく
二つのシンクをうまく使いきることが
難しいようです。

近年、シンクを二つにする理由は
パーティシンクがほしい
という要望によるものです。

シンクの最近の進歩はめざましく
水平方向の多層の仕切り、
隅流れシンク、
シャワー水栓、
ノータッチ水栓、
洗剤ポケット…など
一つで多機能なシンクが生まれています。
一方、排水口のゴミかごは小型になってきています。

シンクを考えるうえで重要なのが
シンクのサイズです。
幅、奥行き、深さの各サイズです。

幅は80㎝程度、
奥行きは45㎝程度、
深さは一番浅いところで20㎝はほしいでしょう。

食洗器があっても
シンクは様々な用途に使うので
このサイズが大きすぎて使いにくいことはありません。